The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
19日 常念から蝶 そして下山
2009-08-31 Mon 21:30
今日も4時起床。 
昨日は楽な道だったので 蝶まで行く事にしました。

蝶までなら 朝食後に出発しても 良いのですが
歩くのが遅いのと 出来れば下山したいので 
お弁当にしてもらって 少し早めに出発する事にしました。
(蝶でのタイムリミット 1:30)

image616.jpg

出る準備はしてるものの、 ヘッドランプ付けて歩くのも面倒なので
小屋で うだうだと時間つぶして
知り合いになったご夫婦と再会の約束をして  日の出と共に出発!

今日は 雲海からの日の出です

image633.jpg

歩いている間にも 槍がどんどん赤くなっていきます。

image632.jpg

image631.jpg
朝一からの急登、息を上げながらも しばらく順調に歩いていたのに 
いつの間にか 崩れそうなガレ場を 這い上がるように進むようになり
”流石 常念 簡単に登らせてくれない” 
”日の出後に登った人達は 随分楽に登ってくるな~” 
 と思っていたら・・・
左に立派な道が・・・・ 

やっちゃいました コース間違え・・・
たった15分くらいだけど 私にとっては 凄い体力の消費・・・
一気にテンションも下がり 疲れが倍増

image629.jpg

それでも 登ってけば 山頂でした!!

image628.jpg

ここでも 雲の無い大パノラマ
前に見えていた 槍が横に見えるようになり 大キレットも穂高も 迫力が増してきた。 

image630.jpg

前常念に向かう 稜線もその先の山々も綺麗。。。
ここで のんびりしたいけど 長い工程なので 
10分位休んで 蝶に向かいます。

image627.jpg

ここの下り 結構岩だらけでちょっと苦戦しました。
image626.jpg

2512mピークを過ぎると樹林帯に入り、展望が利かなくなるけど、
何度かアップダウンを繰り返す度に展望が開け、振り返ると登ってきた常念岳が 見える

image625.jpg

途中には 池塘があったり

image624.jpg

お花畑があったり、 見所満載 楽しい山歩き なのですが・・・
歩くのが遅いから ゆっくり写真もとれず 
ちょっと イライラ・・・

image623.jpg

2592mピークに着くと ここからはこれから行く蝶槍が目の前に見える

あと ひと登り・・・
間に合うかな~ 

蝶槍までの樹林帯 3日目の疲れが出たせいもあり 更に遅くなり・・・
辛いと思ったとき

image622.jpg

じゃ~ん!!  大パノラマ!! 
(写真失敗してますが 
蝶槍をスルーして 一つ目の山頂 2664のピークで 
この時点では 下山を諦め 初めて大休憩を取りました。

燕や常念でのパノラマも見事だったけれど
ここは 大キレットを中心に 槍穂が見え 今回一番好きな場所かも・・・
ぼ~っと30分 展望を満喫して 平坦な稜線を 蝶が岳ヒュッテに向かいました。

image621.jpg

残り後わずかな稜線を 蝶が岳ヒュッテに向かい
ヒュッテに着いたのは リミットの1時30分

2664のピークで ゆっくり休んだので 体力&気力も戻り
思い切って 下山することにして
ヒュッテで タクシーに電話で 余裕を持って5時30に三又に来てもらう事にしました。

image619.jpg

下山が決まったら のんびりしていられません。

image620.jpg

本当の山頂は 10分位 写真を撮るだけで
さっさと 撤収

後はどんどん 下るだけ・・・
何度か 小休憩を取りながら あと少しでゴールの
水場(力水)で 足を滑らせて転倒 ズボンがビショビショなり 気持ち悪る~~~

image618.jpg

凹みながらも 5時45分 なんとか下山しました。


<エピローグ>
やっぱり歩くの遅いです
それでも 最高の天気に恵まれ 素晴らしい展望の連続だったのと
遅いと思っていた 夏のお花達にも会え
良い出会いも出来て・・・

何よりも ルートや工程を変更せず 
予定通り 歩ききった自分に ほんのちょっぴり自信がつきました。 

スポンサーサイト
別窓 | 山・花 | コメント:2 | トラックバック:1
燕~大天井~常念 稜線の花
2009-08-26 Wed 23:55
image610.jpg クモマスミレ


image604.jpg ウメバチソウ


image605.jpg ツガザクラ


image606.jpg  タカネヤハズハハコと ヨツバシオガマ



image607.jpg ミヤマダイコンソウ


image608.jpg チングルマ


image609.jpg タカネツメクサ


image612.jpg ハクサンイチゲ


image611.jpg トウヤクリンドウ



image613.jpg ハクサンオミナエシ(コキンレイカ)

image614.jpg ヤマハハコ


image615.jpg  ミヤマアキノキリンソウ
別窓 | 山・花 | コメント:0 | トラックバック:0
18日 常念へ
2009-08-25 Tue 23:54
昨日と同じ4時起床。
ぐっすり眠ったので 体は意外と軽い。
外はまだ暗いけど 支度をしてから 朝のショータイムを待ちます。

月の近くには 金星かな?
雲も無く 今日も快晴の兆し。
暫く時を待っていると 浅間の方から 太陽が昇ってきた。

image587.jpg

image588.jpg

槍の先から 赤くなり次第に 全てが赤くなっていく。
永遠の時のような ほんの数分の天空ショーです。

ショーの後は 小屋で朝食をとり 出発~!
最初に目指すのは 大天井岳です。

image602.jpg

今日も槍を見ながら 緩やかな尾根道を行きます。
蛙に見えない(^^:)  蛙岩を通って 大下りの頭を過ぎ


image589.jpg

大下りでは 小さなお花畑もあり

image591.jpg

為右衛門吊岩まで下ると 目の前に 大天井岳が どど~んと迫ってくる。
この稜線でも コマクサは沢山見れます。 
燕付近より 花が生き生きとして見頃のように感じる。

image593.jpg

切通し岩から ちょっとした鎖を下りると 
この登山道を拓いた小林喜作を記念するレリーフがあるので  パチリ!


image592.jpg

少し登ったところで大天荘と牛首山側への分岐がある
槍ヶ岳へは 牛首山側へ行く道を右手に見て、大天荘へは左に登ってゆきます。

image594.jpg

ここが今日一番の登り 45分かけてゆっくり上ると
大天荘の前にたどり着いた。
ここで ザックをおいて 少しだけ登れば 山頂です!

image595.jpg

名前の通りに 360度さえぎるものが無い 大パノラマ 
今度は 表銀座を歩いてみたいな~

image596.jpg

歩いてきた 燕の稜線もくっきり

image597.jpg

これから向かう 常念も はっきり 

image598.jpg

小屋に戻り 暫く休憩して 常念小屋に向かいます。
大天荘から東天井岳(2,811m)は頂上を通らずに右を巻いて通過して
ほとんど平らな道を 快適に歩いていきます。

image599.jpg

横通岳手前の草原には お花畑も広がり 写真をとる時間が増える 増える。
それはそうと この斜面は とっても美味しそうな斜面。
楽に来れれば 絶対滑りに来るのにな~  無理だわね~

image600.jpg

横通岳(2,767m)も右を巻いて通過して

image601.jpg

常念が見えると 常念小屋まで 一気に下ると思いきや!

image603.jpg

最後の方で ちょっとした樹林帯に入ったりと 
思ったより長い道のりでした。
そして 1:00 小屋に到着です。
(ここで カメラの電源が切れ 交換するのも面倒だったので 
小屋到着の写真は ありません。)

外のテーブルで ゆっくりお昼を食べ 
夕飯までの間 のんびりと過ごします。
槍・穂の景色は素晴らしいけれど  
目の前にある 常念山頂までの上りを見ると 
今日と違って 明日は 朝一から きつい登りなので 
ちょっとうんざりです・・・ ^^; 

小屋での部屋は 4人で一部屋の相部屋で
一緒になった 名古屋のご夫婦と仲良くなり 
消灯後でも 部屋の電気を点ける事が出来たので
つい時間を忘れて お話してしまいました。

この日は 常念山頂から 疲労で下りれなくなった人がいて
夜遅くまで外も騒がしかったです。
小屋のスタッフや テン場の人たち数人で 救助に行ったみたいだけど
怪我も無く無事だったので 一安心でした。


別窓 | 山・花 | コメント:0 | トラックバック:1
燕の花
2009-08-24 Mon 23:40
image567.jpg  シロバナイチヤクソウ

image568.jpg クロトウヒレン


image569.jpg コイワカガミ


image570.jpg


image571.jpg ゴゼンタチバナ


image572.jpg ウサギギク


image573.jpg ミヤマカラマツ


image574.jpg セリバシオガマ


image575.jpg メイゲツソウ(ベニイタドリ)

image576.jpg ムカゴノトラノオ


image577.jpg  ミヤマダイコンソウ


image578.jpg ハクサンフウロ


image580.jpg ミヤマ トリカブト


image581.jpg


image582.jpg  チシマギキョウ


image583.jpg ミヤマコゴメグサ


image584.jpg  シラタマノキ


image585.jpg  クルマユリ


image586.jpg  コマクサ


 
別窓 | 山・花 | コメント:0 | トラックバック:0
8月17日 燕へ!
2009-08-23 Sun 22:13
<プロローグ>
去年は 足を怪我したおかげで 2年ぶりの北ア夏山登山になりました。
槍に行きたかったけれど、 7月から8月の前半は 天気に恵まれず、
高山のトレーニングも出来なかったから、 
北ア登山の入門コースの燕岳から 大天井、常念、蝶と2泊3日で歩くことにしました。
このコースは大天井までは、表銀座の入り口であり、 槍・穂を見ながら歩けるのがいい。
それに 体力がもたなかったら 常念で下山するとも出来るし、
蝶まで行ったとしても 蝶ヶ岳ヒュッテで泊まることも出来る。
最悪、大天井にも小屋はある。 かなり 融通の利くコースなんです。

<16日>
思ったよりも仕事が長引き 家を出たのは10時過ぎ、
日曜日なので高速はETC休日割引で 豊科まで\1000で行けました。
しゃくなげ荘の登山者用無料駐車場に着いたのは 夜中の2時、
始発のバスが5時15分なので 準備を入れると 眠れるのは2時間あるかないか・・・
2便目のバスで行こうとしたら 8時10分で約3時間も空いてしまう
眠るには良いが 暑い時間に登ることになるので がんばって始発のバスで行くことにしました。

image534.jpg

<17日>
4時まで仮眠を取り、支度をして 始発のバスに乗り
約45分間 バスの中でおにぎりを食べて、うとうとしながら 中房温泉へ
登山口には 水場もあるし、トイレもある、体が完全に起きていないのでストレッチをして
ポストに登山届けを入れて 6:00 さあ出発!!


image535.jpg

約30分間隔で 第1~第3ベンチ、富士見ベンチがあるけど
寝不足のせいで 遅い足が さらに遅く・・・
休憩を入れながら登りました。

image536.jpg

登山道は よく整備されていて とっても歩きやすい
お花も そこそこに咲いています。

image537.jpg
image538.jpg

9:45分頃 合戦小屋に到着~~
名物のスイカを買いました。 1つだったのを2つに切ってもらい これで800円。
思ったより 大きいぞ! お盆過ぎたから 安くなったのかな?
冷たいスイカで 少し元気を取り戻し 30分くらい休んで 
出発~!!

image539.jpg

合戦沢の頭の手前あたりから 槍が見え出しました!! 

image541.jpg
右には 燕岳が!! そして 遠くには針の木などが見え始めた!!
お花たちも 種類が増え 写真を撮るために 足が止まる回数が増える。

image540.jpg

いつの間にか 白砂の道に変わり 最後の階段を登ると・・・


image543.jpg


image544.jpg

大展望が待っていました!! 
槍を中心にして それに届く全ての尾根 東鎌尾根(表銀座)、西鎌尾根(裏銀座)、北鎌尾根、
南岳に続く稜線、大キレット、その先には 穂高連峰 そして 大天井から常念の山脈。 

槍を左に見て笠、双六、三俣蓮華、黒部五郎、鷲羽、黒岳、野口五郎、烏帽子、五色ヶ原、浄土山、立山、剣、針の木、白馬、鹿島槍 等々北アルプスの名峰がズラリと並んでいます

そして右隣には 北アの女王 燕の山頂が!!!

言葉に出来ません。。。

image542.jpg

image565.jpg

11:50 燕山荘玄関前のテラスに到着。
小屋で受付を済ませ テラスで ゆっくりお昼を食べてから 
1:30 山頂に向かいました。

image560.jpg

遅いと思っていた コマクサもまだまだ十分見れます。
コマクサは高山植物の女王。 女王の競演です。。

image545.jpg

有名な イルカ岩や

image546.jpg

めがね岩で遊びながら 

image547.jpg

いろんな岩のオブジェの後ろには 槍が似合う?

image548.jpg

2:00 山頂へ!! 

image549.jpg

北燕岳の岩峰の向こうに立山連峰と剱

image561.jpg

後ろは 明日歩く予定の 大天井を通り常念までの山脈
遠いな~~

image562.jpg

image563.jpg

小屋に戻り 日没まで時間が十分あるので まったりと過ごしました。
眠気が来たけど 眠ってしまうと ご飯も食べないで爆睡しそうなので 我慢。

裏銀座に日が落ちると 夕暮れのショータイムが始まり 燕山頂が ピンクに染まる。



image564.jpg

夕食の後 オーナーの赤沼さんの お話とホルンの演奏がありました。
初めて来て 話が聞けるのはラッキーとか・・・?

9時の消灯になって 即効で眠りにつきました。。

今日は 人は大勢いるけれど お盆明けの小屋は わりと空いている方で
1部屋(?)を2人で快適に使えました。

別窓 | 山・花 | コメント:0 | トラックバック:0
燕~蝶へ
2009-08-20 Thu 23:17
17~19日の3日間で歩いてきました!
下山が遅くて 19日は急遽宿を探し、今日帰ってきました。

今回は最高の天気に恵まれ 素晴らしい山歩きが出来ました
とりあえず 写真を・・・

image530.jpg



image531.jpg

大天井

image532.jpg

常念

image533.jpg



詳細記録は後ほど・・・
別窓 | 山・花 | コメント:0 | トラックバック:0
| 花雪・山歩道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。