The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
富士山キノコ狩り 第一弾
2006-08-29 Tue 22:04
キノコ狩りの楽しみを知ってしまって 早3年
また今年も この季節がやってきました
8月の終わりなので あまり期待はしていなかったのだけど
終わってみれば 大漁!大漁!!
これから 約1月 キノコで楽しめそうです

今日の富士は 6合以上は厚い雲の中
燕が下に降りてきて 上の荒れた天気を教えてくれている
image124.jpg

5合目はまだ青空が出ていて 気温もちょうど良く清清しい
ムラサキモメンヅル・富士アザミが咲き乱れていた
image126.jpg

image125.jpg

いつものように菊屋のおばちゃんにご挨拶をして 情報収集。
少し早いがイグチやアシナガもちらほら出だしてるとの事で
早々に小富士に向かうけれど カニコウモリの花に迎えられるだけで
キノコのありそうな雰囲気が無い
やはりまだ 早そう・・・
image127.jpg

小富士から奥に入っても キノコは少しあるが
小さくて取るほどの大きさではない
ちょっとでもいいから キノコが生えてないかと
須走りの登山道に向かって 標高を上げていってみたけれど
ほとんど見つける事が出来なかった
ただ アシナガの幼菌がびっしりついている木があった
あと1~2日で大きくなるのだろう 残念。。。
image130.jpg


そして登山道にぶつかる少し手前のところから 
コウジタケの群落を発見!
嬉しくなって取り始めたら 見渡す限りコウジタケだらけでした
あっという間に 籠がいっぱいになり
こんな事だったら登山道から歩いた方が早かったです。

image131.jpg

ルンルン気分で 菊屋のおばちゃんのところに戻り
鑑定をしてもらって ビールで乾杯!
キノコ第一弾としては とっても満足した一日でした
image132.jpg



 


スポンサーサイト
別窓 | 山・花 | コメント:1 | トラックバック:0
買ってしまった…
2006-08-27 Sun 11:43
ずーと前から欲しいな~と思っていたK2 Dawn Patrol 
値段とレベルがついていけなくて買えずにいたのだけれど
先日かなりの低価格でみつけてしまったので思わず買っちゃいました
嬉しい反面 乗りこなせるかがちょっと心配
早く冬が来ないかな~
その前にビンディングも買わなくちゃ~

image123.jpg

別窓 | テレマーク | コメント:1 | トラックバック:0
伯耆大山
2006-08-18 Fri 23:50
今年のお盆休みは どうしても関西に用事があり
アルプス行きは断念しなくてはいけなかった。
たった1度の夏の連休だけに 用事が入ると縦走が出来なくなる
それでも 1日だけならなんとかなりそうなので
関西方面に良い山はないかと いろいろ情報を集めてみたものの
何処の山も低山ばかりで夏山は暑すぎるとの事
沢はできないし なんとかならないかと考えてみて
いくつかの山をピックアップしていた
お盆の渋滞に巻き込まれたら 時間の余裕がなくなるし
とにかく走ってから決めようと アバウトな計画で出かけていった

夜中のせいなのか渋滞にも巻き込まれず 順調に車は走る事ができ
思ったよりも早く 朝の4時半には大山の登山口に到着。
約8時間半の道のりでした。しかしここで大誤算が・・・
インターから登山口まで コンビニが一軒もなかったのです。
1泊の予定でいたので ある程度の食料は準備していたけれど 
足りるかどうかギリギリでした。インターの近くにはコンビニがあると
勝手に思っていた私。 ここではそんな事が通用しなかった。
山頂の非難小屋には 管理人さんがいて飲み物くらいなら
売ってると言う事で 持っているものだけでなんとか済ませようと
コンビに探しは諦めて 暫く仮眠してから登る事にした

今日は夏道登山道を登るだけなので 暑くて8時には目が覚め
ゆっくり食事して スタートは10時
関東では1700mくらいの山も 中国山地では最高峰なのと
この時期なのでとにかく人が多く、
登山の格好をしてるのが 何故か恥ずかしいくらいに
ザックを持たない人がたくさんいたり スニーカーだったり
でびっくりしました。

image116.jpg


登山口は石段から始まり ほとんどが階段の登山道
西日本一のブナの森も 覚悟していたとは言え 
暑いしきつくて 目が回りそう 暑い・暑い・暑い・・・ 
お花が咲いてるから 頑張れるのかもしれない。

image117.jpg


6合目の非難小屋につくと 大勢の人が休憩していて
座るところを探すのも大変。 
でもここは 視界が空けて北壁の全貌が見えていた
まるで 北アにでもいるような荒々しい雰囲気。


image119.jpg


北壁を見ながら ガレ場の急登をひと頑張り
このあたりから クガイソウやオトギリソウなどの高山植物が
咲き始めて歩くペースが もっとゆっくりになっていく。 
8合目になると またまた雰囲気が変わり
天然記念物ダイセンキャラボクとお花畑の中の木道を通って山頂へ
向かいます。ここが一番楽しい道のりでした。

image109.jpg


<image105.jpg

image118.jpg


ぽつぽつと雨が降り始め 非難小屋に着くと 
激しい通り雨が30分くらい続き 
止んでから目の前の弥山(みせん)山頂に到着。
目の前には剣が峰に続く人一人通るのもやっとのやせ尾根が
続いています。 
(大山の最高点である剣が峰は稜線の先にあるのですが
現在は崩落のため立ち入り禁止なのです)

そして切れ落ちた南壁 周りは 烏が山の奥に蒜山と
素晴らしい展望が待っていました。

image120.jpg


いつものように写真を取りながら 時間をかけて登ってきたのにもかかわらず 
夕暮れまでには時間がたっぷりで 非難小屋の管理人さんと話したり 
写真を撮りに登ってきた方と山の話をしたり 本を読んだり 
久々に楽しい山頂ライフです 

避難小屋ではビールやジュース、山バッチなどが販売されていて
米子方面に沈む夕日を見ながら のんびりと夕食
ロングドライブと 暑い中の登山だったために
9時前にはシュラフの中で ぐっすりと眠りにつきました。

image112.jpg


別窓 | 山・花 | コメント:0 | トラックバック:0
伯耆大山 その2
2006-08-18 Fri 22:14
明け方3時半頃 目が覚めると 満天の星空が広がっていた
流れ星が見れるかなと 小屋の外に出ていると
ご来光登山の人達が早々と登ってくる。
日の出までには まだ時間があるので 
シュラフに戻り まったりとした時間を過ごした。
外が白々と明るくなり始めてから ご来光を見に山頂に立った。
かなり明るくなっても まだ朝日が出ない
剣が峰の肩の辺りから出るはずなので
出来るだけ近くで見るために 
山頂から少し先の三等三角点のあるところまで 
やせ尾根を歩いき 暫くすると 真っ赤に輝く朝日が出てきた。 


image113.jpg


ものすごく 美しい光景に暫く時のたつのも忘れてしまうほど・・・
誰もが 静かにこの天空ショーを見守っていた。

ご来光を見終えて 朝食にする。昨夜体調が崩れてしまい 
今日予定していた三鈷峰・ユートピアのお花畑は断念して 
本谷から下山する事にした。
そうなると 暑くなる前に降りたいので さっさと支度をして下山開始
朝日がまぶしく ダイセンキャラボクが朝露で光り輝いている中を
どんどん下っていった

image108.jpg


別山とユートピアの稜線が 光の影に隠れて美しかった

image111.jpg



五合目の行者谷別れから 行者谷にむかい元谷に着くと
北壁にぐるっと取り囲まれるように大迫力で見えた。
冬になると この沢沿いに登る人もいるらしい

image115.jpg


何度もカメラのシャッターを切り 立ち去るのが本当に辛かった。
大神山神社奥宮を通り 大山寺に出て参道の途中にある喫茶店で
氷を食べ 駐車場に戻りました。

帰り道 蒜山高原を通って 蒜山三山を眺め予定のある
宝塚に向かいました。

image122.jpg



今回 お盆渋滞に巻き込まれなかったので 
ラッキーにも伯耆富士と呼ばれる 大山に登る事が出来ました
1700m級の低山ながらも 北壁・南壁ともどもダイナミックで
本当に素晴らしかった。
今度また行く事ができたら 雪の時期に行ってみたい
そして蒜山も歩いてみたい

別窓 | 山・花 | コメント:2 | トラックバック:0
ただいま
2006-08-17 Thu 01:56
さっき 帰って来ました
頑張って 遠出をして 素晴らしい山登ってきました!
お花もいっぱい 大満足です
めっちゃ疲れたけど 行ってよかった!
詳しくは また明日 もうねむ~~~~い

image104.jpg

別窓 | | コメント:1 | トラックバック:0
ゲド戦記 ー戦いの始まりー(実写版)
2006-08-13 Sun 01:01
ジプリ作品の方が大きく取り上げられてしまっているけれど
実写板もそれなりに楽しめました

ただ・・・ やはりストーリーに無理があるような・・・
そもそも長編小説を2・3時間の映画にするのに
問題がありすぎるんですよね

ジプリの方はまだ見ていないのでコメントは控えめに。

私としては 映像美は○
ストーリーは??? って感じでしょうか

こんな感じの物語で 日本の作品があります
「十二国記」「彩雲国物語」両方とも原作本があり
NHKでアニメ化もされているのですが
かなり面白いです 


ged_p1.jpg

別窓 | 映画 | コメント:2 | トラックバック:0
ナルニア国ものがたり
2006-08-13 Sun 00:33
「指輪物語」「ゲド戦記」と並び世界三大ファンタジーと称される「ナルニア国物語 第一章」

4人の兄弟達が 疎開先の屋敷の衣装ダンスの先に広がる
別世界ナルニア国でのさまざまな物語
1章は ライオン(アスラン)と共に白い魔女と戦い
ナルニアを救います

ただ エドマンドの行動を簡単に許してしまう場面に
なんとなく違和感を感じてしまったのは 私だけかなぁ?
いくら生き返る事が解っていても アスランが命を捧げてしまうのは
少し強引過ぎるような感じがするのだけど・・・
実は「ゲド戦記」でも 同じような違和感を感じてしまったんですよね・・・

原作を読んでいないから 良くわからないけれど
原作を読んだ方が もっと良く理解できるのかもしれない。

naru1.jpg

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
THE PROMISE -無極-
2006-08-12 Sat 01:20
先日の火曜日 また雨で山に行けなかったので 
映画を4本一気に見てしまいました

真田裕行、セシリア・チャン、ニコラス・ツェー・チャンドンゴン 
の日・中・韓合作の映画です
真田&チャンドンゴンの演技力は周知のごとくですが
ニコラス・ツェーと言う俳優を今回知り
かなり良い役者さんだと感じました。

最初の方は CGを駆使しすぎていて 
ちょっと期待はずれのような感じもしたけれど
話が進むうちに 面白くなって行きました
各キャラの約束された運命を越える事が出来るのだろうか・・・?
と言う事がコンセプトになっています。

どっちかと言うと私は 話の内容よりも色使いの綺麗さに惹かれました
監督は違うけれど チャン・イーモウ監督のHERO/LOVERSとこのPROMISで 
アジアのファンタジー・アクション3作品てとこでしょうか

e_img_1.jpg


後の2本は ゲド戦記(実写版)・ナルニア国物語・X-MEN1でした
この話は また今度・・・
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
夏祭り
2006-08-06 Sun 00:08
今日で 夏の大きなお祭りが終わりました
金曜日の前夜祭から始まり メインの花火大会で 
そして今日は 川原で1万人の鮎つかみどり大会と
とっても大きなお祭りです。

前夜祭は毎年タレントさんを呼んでのコンサートで
今年は 西城秀樹さんが来たそうです。
だけど姿を見せたのは かなり後になたようで
帰る人も多かったのではないかな~?
ちなみに私は 混雑が嫌で 見に行く事もしませんでした ^^;

花火大会は 規模も大きく打ち上げ総数1万発のため
各地から どっと人が押し寄せてきます。
幸いな事に花火の会場は 我が家の目の前なので
ご近所さんたちは 庭先でBBQをしながら見るのが
恒例となってるんですよ! 
今回は予定が合わず 誰も来なかったので 
川原でビールを飲みながら のんびりと見ていました

image102.jpg

image103.jpg


仕事上 他の場所はなかなか見に行けない 花火大会ですが
この花火だけは 唯一見る事ができる大会なのです

夏休みもまだ始まっていないけど 花火大会が終わると 
なんとな~く 夏が終わってしまったよう気がします



別窓 | ノンジャンル | コメント:1 | トラックバック:0
| 花雪・山歩道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。