The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
チャ-リーとチョコレート工場
2006-04-28 Fri 23:53
映画は映画館で見ると言うよりは
DVDで見ることが多くなってしまった
私の好きな俳優さんは 沢山いるけれど
ジョニーディップも好きな一人です。
彼の演技力は凄い、
特に中世ヨーロッパ時代背景の作品は
彼の魅力が より際立つ様な気がする

でも私は 「妹の恋人」が一番好きなのだけど・・・

今回のチャーリーは 前知識を入れる事もなく見たのですが
私の想像でもう少し大人向けの作品と思っていたので
私の勝手な想像で ウィリーウォンかがもっとシュールな人物
(ある意味シュールですが)と思っていたので 
ちょっとギャップがありました。

でも とても色使いが綺麗だったのと
ウンパ・ルンパのダンス(?)シーンなど
見所は沢山あるのでお勧めの映画です。

夏にはパイレーツ・オブ・カリビアンが公開されるので
こっちは 映画館に行こうかな~ 
dl59338_j1_t.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
昨日
2006-04-24 Mon 23:59
何故かブログに入れなかった・・・
う~ん サーバーのダウンでしょうか
本当は 今朝から丹沢表尾根狙っていたのですが・・・
夜から雨~ それも雷注意報が出てる~
雷が苦手な私としては 即中止。。。
う~ん 久々の山歩きだったのに・・・

未だに表尾根から塔に歩いていない
どういうわけか 表尾根に縁の無い私です

で・・・ ビデオをいっぱい借りてきちゃいました
明日はまったり ビデオ鑑賞といきますか 
別窓 | ノンジャンル | コメント:0 | トラックバック:0
栂池高原 撃沈・・・
2006-04-19 Wed 22:42
一昨年の夏休みに 白馬岳縦走を断念して以来
ずっと行きたいと思っていた 白馬方面
だけど 夏以外は行けないだろうとも思っていました
連休が無い為ロングドライブはしたくないのですが
前回行った かぐらに意外と近さを感じ
白馬も行ってみようと・・・そして条件が揃えば
私でも栂池から白馬乗鞍までツアーが出来そうなので
この時期に 行ってみる事にしました。

お天気は晴れマーク 明日の天気に期待を膨らませ車を走らせた。
大町に入ったあたりから 雨が降り始め 
山は雪と本当に明日が楽しみになった。
栂池の駐車場についたときには 雨も小雨になり
天気予報で 一時的な雨と確信して眠りについた。 

朝起きると春霞のような空が広がっていた
 ツアー日よりだわ・・・
支度をして リフト乗り場に向かうと
すでに20人ぐらいの人たちが待っていた。
始発は8時半 まだ時間があるので のんびりしていると
リフト券売り場がオープンした それなのに上は20m強風の為
イヴの運行が出来ないと アナウンスがあり 
運行のめども立たないと・・・
 え!? この辺は風がほとんど無いのに??!!
 上は強風??!!!

待っていた人たちが 忙しく動き出した
携帯で情報を集める人・他にいけそうな場所を探す人
地元の人たちは そそくさと帰っていく人もいる
ゲレンデに遊びに来た子達は 途方にくれていた
(やはり山遊びをする人は 情報網が違うようだ)
地元以外の人達であろう人達は とりあえず待機していた

八方もゴンドラ運行していないらしい
五竜だけは 動いていた 
遠見尾根があるけれど 下調べもしていないのでパス。
それに 技術が伴うかどうかも怪しい。
残念ながら 今日のバックカントリーは無理そうだ・・・
私達も1時間近く様子をみていたけれど
イヴの運行が見込めそうに無いので
五竜のゲレンデで遊ぼうと 車に戻った所で
イヴが中間駅の白樺駅まで運行するとアナウンスがあった
リフトも1本だけ動き白樺ゲレンデが滑走可能との事なので
移動するのも面倒だし 風が収まれば 
栂の森まで行けるかもしれないし ここで遊ぶ事に決めた

ゲレンデに出ても 強風なんて信じられないくらい風が弱い
遠くには 真っ白な白馬の山々が見える
最近は遭難も多く あの辺りかな~なんて考えたりもしてしまう
空を見上げると 彩雲がかかっていた
どんどん色が変わっていくので 風が強い事も良くわかる。
すかさず 何枚もシャッターを切り
滑る事を忘れてしまった。

image35.jpg



午後1時半を過ぎて 早々と切り上げて温泉でまったりしようと
車に戻った時 栂の森までイヴが運行するとアナウンスが聞こえてきた
せっかく来たのだから もう一度ゴンドラに乗って
栂の森まで行った イヴから見える白馬の山々は素晴らしかった

image34.jpg



そして 目の前に天狗原から白馬乗鞍の稜線も見えた

image36.jpg



行きたかったな~

帰りに十郎の湯に入り 近くにザゼンソウの群生地があったので
ちょっとだけ寄り道をして 帰路に着きました

今回も白馬の山は行けませんでした
やはり遠いいのかな~~

image37.jpg

別窓 | テレマーク | コメント:6 | トラックバック:0
2006-04-15 Sat 01:02
image32.jpg

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
2006-04-13 Thu 23:50
image30.jpg

別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
富士山麓周遊
2006-04-12 Wed 22:59
10・11日と仙石原の保養所に宿泊して 
千葉から来た親戚と富士山麓周遊の旅をしてきました
いつもなら日帰り出来るコースなのに 1泊とは・・・ 
なんとも贅沢な事をしてしまいました

白糸の滝から始まり 富士国際花園 ぐるっと回って忍野八海と
雨の中のドライブ。
2日目は 秩父宮記念公園 宝石の森 久保田一竹美術館 
ゆらりと巡り あっという間に2日間が過ぎてしまいました

初めて箱根に泊まって なんか不思議な気分です
こんな贅沢もたまにはいいのかな~
 


image26.jpg

image27.jpg


別窓 | 山・花 | コメント:0 | トラックバック:0
作ってみました
2006-04-09 Sun 00:25
バックカントリーや山に入る時に必要なものはいろいろあるけれど
GPSのケースでずっと悩んでいました。
(皆さんは どうしてるんですかね~??)
市販のものもありますが なにせお高くて 
たかがケースに何千円も出したくないと 考えてしまいます。
今まで いろいろなもので代用していたのですが
なかなか良いものが無くて・・・
で・・・ とうとう作っちゃいました。
作ると言っても 100円ショップにあったケースにに
ちょっと手を加えただけです
長さの調節も可能なので 腕やザックのベルトや腰につけたり
出来るようにしました。
取り出さないと操作は出来ないけれど 
材料費は300円だったので十分満足です。
 

image25.jpg

別窓 | テレマーク | コメント:0 | トラックバック:0
かぐら峰 
2006-04-05 Wed 22:34
今年の冬は ずーっとゲレンデ練習ばかりしていたのですが
春になって やっとツアーに出かける事ができました。
仕事が終わって すぐに車を走らせたが
みつまたスキー場の駐車場に着いたのは 1時過ぎでした
翌朝 朝から快晴の様子 凄いラッキー!!
始発のロープウエイに乗り みつまた・かぐらとリフトで連絡をする
和田小屋まではすんなり行ったのですが 最後の第5リフトが動くまで
1時間近く待たなくてはいけない (この第5リフトは春のみ稼動で
天候次第で止まってしまいます)
係員に聞くと今日は稼動すると言うが 風の状況では動かないかも知れないと言われたので 迷いながらもリフトは乗らないで歩いていく事にした。
前夜雪が降ったので トレースがまったく無く 今日の一番乗りになった 本来なら嬉しいはずが やはり初めて行くところは GPSを持っていても 誰かのトレースがあったほうが安心する。 ^^;
あんなに沢山ロープウエイに乗ったのに誰も ゲレンデ外に出る人はいないのだろうか??
単独の男性が一人 同じように迷っていたようだが 後からゆっくりとついてきたみたい。 
きっと 同じように不安だったのかな~?? 

最初は なだらかだと思っていたのだが 斜度がきつくなり
いつものごとく 歩く速度が遅くなっていく
今日は 景色が素晴らしくて 谷川連峰がはっきりと見える。
すぐ右には オープンバーンが広がっているので 
すぐにでも滑りたくなる衝動を抑えるのが苦しかった~ 

image15.jpg


第5ロマンスリフトのトップに着いたときには 
準備をしていたスタッフの人が出迎えてくれた
暫く話していると 単独の男性と 男女の2人が登ってきた
ゆっくり休んで 再び登り始める ここからガイドの通り
緩やかな斜面が広がっている。まるで雪の砂漠にいるよう。

image31.jpg


男女の2人は いつもここで遊んでいるようで稜線に出ずに
そのまま中尾根の分岐に行ってしまった
おかげで 暫くはノートレースの中を歩く事が出来たが
写真を撮ったりしていたので 後から来た3人に追い抜かれ
稜線には一番乗りにはなれませんでした。
みんな地図を広げて立ち止っているが 
かぐら峰には行く様子は無い もしかしたら山頂と勘違いしているのかも?? 
GPSがあるので 山頂ではないことがすぐにわかり
左の稜線を進んでいく。 暫く歩くと標識も何も無いピークになり
先が切れ落ちているので GPSで確認も取って 山頂がわかった。
目の前には 苗場山が迫るような迫力で見えた。

image17.jpg

image18.jpg

image19.jpg


暫く休んで 来た道を戻ったけれど
みんな分岐の所で戻っていってしまうようだった
かぐら峰 の続きを読む
別窓 | テレマーク | コメント:3 | トラックバック:0
| 花雪・山歩道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。